ニーニーと鳴きながら 目の前にやって来た […]