塒から飛来して来た
1羽のクロヅル。
塒立ちおよび確認時間から鑑みても
寄り道することなくこの日はやって来たようだ。

しかし
飛び立った時は5羽のタンチョウとともにだったが
この場で姿を確認した時は
先行して2羽のタンチョウ。
そこから10秒ほど遅れてやって来た。

飛び立つ時は同じでも
みんな同じ目的地ではなかったのだろう。

それはどうしてなのか・・・。

自然は面白い。

Category
Tags
No Tag

2 Responses

  1. 石井康之 より:

    貴重な写真有難うございます。クロヅルは初めて名前を知りました。これからも、教えて下さい。

  2. 村上ヒフミ より:

    クロヅルが居ることをはじめて知りました
    いつも拝見していて
    可愛い鳥たちに癒されてますありがとうございます
    厳しい北海道の冬を
    優しく暖かい写真で届けてくださって感謝しますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です