静かな森に
鋭い視線を感じた。

遠くの獲物を見つめるかのごとく
私たちには見えない何かを
追っていたのだろうか。

そして
クマタカは
木々の間を抜け森へ消えた。

Category
Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です