シマエナガ/Long-tailed tit


どの野鳥も
春は大忙し。

生命を繋ぐため
毎日を懸命に過ごしている。

先日
山の麓にある小川の近くを歩いていると
シマエナガやって来た。

見た瞬間「あっ!」と思った。
何を見つけたかというと
尾が曲がったシマエナガ。

このようになるのは
狭い場所に長時間いて
尾羽が癖で曲がるのだ。

つまり何を意味するかというと
生命を繋ぐために不可欠な巣の中に
長い時間いるということ。

「自然の厳しさに負けず頑張って」

遠くを見つめるシマエナガからは
これからの
期待と不安を感じさせられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です