ウミネコ/Black-tailed gull

カモメと言えど
種類はたくさん。

天売島でカモメと言えば
「ウミネコ」だろう。

今時期は
子育ての真っ只中。
営巣の苦労だろうか。
目の前を飛んだウミネコの羽根は
痛んでいた。

そんなことも気にしていられない。
生命を繋ぐことに真剣な姿が
目の前で見られた。

天売島を出て数日。
温めていた卵が孵ったりしているそうだ。

ウトウ/Rhinoceros Auklet

鉛色の海に浮かぶ野鳥はたくさんいるが
この野鳥を見ると
「天売島に来たな」という気持ちが高まる。

天売島に近くにつれ
ウトウの姿が増える。

今天売島には
営巣のため40万羽ほどのウトウがいるそう。

メスは巣の中で卵を温める。
オスは外洋へ出て
餌を採って来たりする。

色々学びのあった
天売旅。

皆さんにも少しお裾分けしていきます・・・

これで
羽幌から天売等へ向かう船からのシリーズは終了。

いよいよ島の写真を
次回からお伝えします。