夕日で
水面が染まる頃
1羽のセイタカシギの姿があった。

すらりと伸びた長い脚。
優雅に歩きながら
時折嘴を水面につけ
餌を探していた。

Category
Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です