遠征記〜世界遺産 知床〜

1か月で3度目となる
知床往訪。
これまでの2回は
天候に恵まれすぎていた。

今回の旅では
知床の大地に
雄大な自然を生み出すことに欠かせない
「水分」に関する瞬間を見たかった。

眼下に広がる
生命豊かな森。

そこに海から立ち込める
霧が森を覆い隠そうとしていく。

この霧も
知床の自然には欠かせないようだ。
霧に包まれた森は
緑が生き生きとし
なんだか嬉しそうに見えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です