東の空が 少しだけ明るくなってきたころ […]