ヒグマ/Brown bear


ヒグマを探し森を進んだ。

見通しが悪い林道を抜けると
そこにはヒグマがいた。

その距離は約10mほどしかない。

ヒグマにとって10mというのは
あっという間に到達する距離だ。(※撃たれても100m程は走れるとも言われている。)

不用意に動くと
ヒグマも警戒する。
静かに観察した。

のそり、のそりと森を歩くヒグマ。

「美味しい草はないか」と餌場を探し歩いていた。

草を踏む音。
草を咀嚼する音。
その全てが聞こえてきた。

それが約10mという距離だ。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
応援よろしくお願いします】
「にほんブログ村」というランキングサイトに
登録しています。

順位は
現在4位です!
引き続き上位をキープし
北海道の魅力を発信していければと思います♪

お手数おかけしますが
下記のタブをクリックしていただけると
クリックが応援となり
さらなる順位アップが見えてきます♩
1人1日1回です!!
皆さん
引き続きの応援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

ヒグマの歯はとても鋭い。
しかし
見たことがある人は限られてくるのではないだろうか?

それではご覧ください。

こんな歯に噛まれたら
ひとたまりもない。

ヒグマは
キムンカムイ(山の神)と崇められている。
しかし
人を傷つけ殺してしまうと
たちまち
ウェンカムイ(悪の神)と名を変えてしまうのです。

無駄な事故を起こさないためにも
ただ撮るだけでなく
ヒグマを知る努力をし
ヒグマを悪者にしないよう
学ばなければならないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です