何度も何度も足を運んだ。 相手は野生だ。 […]