月別: 2019年1月

SNSについて少し考える【Instagram】

インスタグラムでは
3700名ほどのフォロワーさんに恵まれており
数多くの反応をいただいています。

せっかく発信するならば

少しでも多くの方に作品を見て欲しい

これは誰しもが
少しは抱く感情ではなないでしょうか?

どうしたら「フォロー」という行為に
一歩近づくのか。
アクセス面」から少し見てみようと思います。

インスタグラムというSNSは、
主にスマートフォンで利用している人が多いです。

そのスマートフォンユーザーでもさらに
インスタグラム専用アプリ
ログインする割合が多いそうです。

さて
こんな風になったことはありませんか?
(Twitterに掲示されたInstagramのURLを踏んだケース)

つまりどういう状況か?

これがアカウントです!
フォローするならログインしてね!

という状況です。

なんら問題ないかもしれませんが
これはTwitter専用アプリ経由でInstagramを制限なく使用するには
ログインし直す必要があるのです。
これは
Instagramの専用アプロでログイン状態でも
の話なのです。

だとしたら、
ログインしているInstagram専用アプリで
サクッと検索したいですよね?

なら方法は?

アカウント名を本文に打ち込んで
コピペして検索・・・。

なんか味気ないし
目に止まりにくいですよね?

ならばどうしているのか?
私が一番効果があったと実感しているのは
コレ!!

ネームタグを使用した
アカウント紹介です!

■ネームタグを使用したアカウント紹介から登録までの流れ
1.アプリ内でネームタグを作りダウンロードする

2.ダウンロードしたネームタグを使って、各媒体(TwitterやFacebookなど)でフォローを呼びかける!
→Twitterの140字でアカウントの紹介をし、画像としてこのネームタグを添付する!

簡単ですよね?
ですがURLやアカウント名を貼るより
効果を得ることができました。

続けて
ネームタグを使ってどうフォローに至るのか?

3.Instagram専用アプリの左下(赤丸)の検索画面を開き、
画面右上(青丸)をタップする

4.ネームタグをスキャンしても良いし、フォローしたい相手のネームタグをダウンロードしておいて、画面右上(黄丸)をタップし、
フォトフォルダからネームタグを選択する。

5.スキャンやネームタグの選択をすると以下のような画面になります!
この画面の「プロフィールを見る」をタップし
その相手をフォローしてみてください♪

何気ないことかもしれませんが
私はアカウント開設したころ
この紹介方法で伸びることができました♪

ぜひみなさん
私で練習してみてください。
そして
ファンになってもらえれば幸いです♪

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

makoto の Instagram
フォロワーさん
日に日に増加!
多くの方に注目いただいています!!
北海道の野生動物の
キレイ・可愛い・カッコいい・すごい瞬間を
お届けしています!

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

【応援よろしくお願いします】
「にほんブログ村」というランキングサイトに
登録しています。

お手数おかけしますが
下記のタブをクリックしていただけると
クリックが応援となり
さらなる順位アップが見えてきます♩

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

スポンサードリンク

環境について”ちょっとだけ”考えてみる (No.2)

今回気になる環境ニュースはこちら。

第二東京湾岸道路、18年ぶり計画再始動 地元では驚き

というニュースです。

この工事を行うと
慢性的な渋滞の解消が見込めるらしい。

もう一本道路を作るとなった場合
内陸に土地を用意するのは
非現実的であるだろう。

そのためなのか
以前にも話しが出ていて
18年間棚上げされていた第二東京湾岸道路の構想が
また動き始めたらしい。

さて
この場所が一体どういうところなのか?

ここは
多様な自然環境が広がっている干潟
「三番瀬」と言われる場所である。

この三番瀬
一体生態系にどういう役割を持っているのか?

私は
野鳥を多く撮影しているので
野鳥の観点から少しアプローチしてみる。

道路を作るとなると
三番瀬の干潟を埋め立てることとなる。

埋め立ててしまうと
干潟に住む海洋生物もろとも
消えてしまうだろう。

そして
そこで起きていた
食物連鎖も途絶えてしまうだろう。

さて野鳥の話に戻ります。
この三番瀬という干潟は、
シギやチドリといった
渡り鳥たちにとって大変重要な場所なのである。




上の3枚の写真はシギ・チドリといった種の野鳥です。(撮影地は全て北海道)
さて
これらの野鳥にとって
なぜ三番瀬が重要な場所なのか?

それは
世界を飛び回る野鳥たちの
休息の場
であるのです。

たかが休息場所

と思う方も多いと思います。

もちろんその気持ちもわかります。

ですが人間に置き換えて見てください。

遠く離れた目的地まで
休むことなく
そして
食べることなく、
走り続けたり
歩き続けることはできますか?

できませんよね?

それは
野鳥も同じなのです。

他のルートがあるだろ。
代替場所があるんじゃないの?

そうは私も思います。
というより
そう信じたいものです。
ですが、
毎年何万もの野鳥が飛来する場所です。
そんな場所に変わるところが
そうすぐに見つかりますかね?

ただでさえ、
日本の干潟や砂浜は
開発等で減少してきているそうです。

そんな中、
新たに野鳥にとっての憩いの地は
そう見つからないでしょう。

さらに
都市にこれ程の近さに
野鳥の楽園とも言える場所がある。

野鳥のみならず
東京湾に近い方々にとっても
憩いの地であるだろう。

三番瀬からそう離れていない
谷津干潟においても
1980年代に道路の建設工事の話が進んでいたのだとか。

それは
地域住民等の働きで別ルートが確保されたそうだ。

そう簡単な話でないのは
百も承知。

交通の便が良くなれば、
経済効果が見込めたり
移動時間の短縮にもなるだろう。

しかし
そうすれば、
自然環境は失われます。

失った自然は
極端ではありますが
二度と元の姿に戻らないと
考えた方が良いでしょう。

人の動き・経済を優先するのか
自然環境の保護を優先するのか。

どちらにとっても良い結果になることを
頭の良い人たちで
考えてもらいたいものです。

環境について”ちょっとだけ”考えてみる(No.1)

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

makoto の Instagram
フォロワーさん
日に日に増加!
多くの方に注目いただいています!!
北海道の野生動物の
キレイ・可愛い・カッコいい・すごい瞬間を
お届けしています!

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

【応援よろしくお願いします】
「にほんブログ村」というランキングサイトに
登録しています。

お手数おかけしますが
下記のタブをクリックしていただけると
クリックが応援となり
さらなる順位アップが見えてきます♩

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

この冬!シマエナガを観察しよう!

No.1 シマエナガが好む環境とは?

No.2 これを知っていればシマエナガを良く観察できる!?

No.3 シマエナガが可愛く見えるのはなぜ?

No.4 気温とシマエナガとの関係

No.5 観察する上で大切なこととは!?

No.6 シマエナガ観察にオススメの時間がある!?

No.7 光がシマエナガを演出!煌めく妖精とは?

No.8 シマエナガと相性の良い要素とは?

No.9 カロリーを気にするのは人間だけじゃない!?

No.10 小さなシマエナガ!えっ!!こんな重さなの!?

No.11 シマエナガとの出会いで一番大切な振る舞い方とは!?

この冬!シマエナガを観察しよう!【No.11】

お久しぶりの
「この冬!シマエナガを観察しよう!」
です。

さてさて
この写真を見てもらいたいのですが・・・

この写真は
一体どういった写真だと思います(^^)?

・目線レベル
・正面顔
・高解像

この3つが挙げられます。

シマエナガを撮影している人
シマエナガを撮影してみたい人
にとっては
羨ましいカットではないでしょうか?

さて
どうしたらこのように撮影できるのか?

気になりますか?

一番大切なことは

シマエナガの行動を読み
先回りしやって来るのを待つ

ということ。

行動を読むというのは
まず
遠巻きにシマエナガを観察します。

どういう群れなのかな?
何羽で行動しているのかな?

などです。

時々
シマエナガが
木の高いところにいるのを見つけ、
一目散に木に駆け寄る人もいます。

そんな
観察・撮影の仕方じゃ
いつまでたっても
可愛いショットは撮れません。

まずは
距離を置きながら
シマエナガの群れの動き
を見ましょう!

焦る必要はありません!

ちゃんと待てば
そう動きが早い鳥ではないのです。

まずは「焦らない」!

シマエナガを観察・撮影したいのなら
まずは焦らず、
動きを見ましょうね♪

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

makoto の Instagram
フォロワーさん
日に日に増加!
多くの方に注目いただいています!!
北海道の野生動物の
キレイ・可愛い・カッコいい・すごい瞬間を
お届けしています!

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

アメブロでも写真を配信中!
【アメブロ】北海道のちっちゃな大自然

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

【応援よろしくお願いします】
「にほんブログ村」というランキングサイトに
登録しています。

お手数おかけしますが
下記のタブをクリックしていただけると
クリックが応援となり
さらなる順位アップが見えてきます♩

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

環境について”ちょっとだけ”考えてみる

ライチョウふ化試験へ 長野・木曽駒ケ岳で来年度

こんなニュースがあった。

半世紀近く確認されていなかった
ライチョウが昨年確認された
中央アルプス。

生息数も減少傾向にある中、
繁殖試験を行うのは
良いことなのかなと思う。

一方で
生息数の減少に挙げられるのが
「環境の悪化」である。

環境の悪化と言えど
理由は様々あるが
昨年野鳥撮影のアテンドをした際に
ゲストから聞いたことを書いてみようと思う。

山に起きている変化

私がアテンドをしたゲストは
山登り歴20年を超える人であった。
国内の山を中心に
100を超える同調実績があるのだとか。

そんなゲストから聞いたのは
日本アルプスでのお話。

もの寂しげな声で
話してくれた。

昔は綺麗だった。今も変わらぬ綺麗さ”も”あるけどね。

どんな世界でも耳にする
「昔はよかった」的な話し。

昔を知っている人でないと
聞くことのできないお話なので
私としても大変興味深いのである。

さて何があったのか?

山から見る遠景は
いつになっても綺麗だよ。
何度登っても飽きないくらいにね。

この時は
明るく楽しそうな声で
話してくれた。

だけど次に続く声は
どこかもの寂しげな雰囲気を感じた。

人の出すゴミ。そして匂いを放つ食べ残し。

ここ数年で
山登りをする人が一気に増えたよ。
楽しい出会いもあるから
とても良いことだと思うんだ。

だけど、
マナーの悪い人も一定数は増えるよね。

一番気になってしまうのは
「食べ残しとか食べ物を入れいていた袋のポイ捨て」
だと話した。

合わせて
「袋のゴミは拾えるけど残飯まではね。
自分で処理してほしいよ。」
と続けた。

残飯が招く危険がある

どんな残飯があるのか?
・ラーメンの残り汁と麺
・落ちたご飯やパン
が多いそうだ。

それもそうだろう。
簡単に作れるし
持って行きやすいものだ。

汁物なら地面に浸透するし
少しくらいのご飯やパンなら大丈夫であろう。

そう考えてしまうのかもしれないが
そうではない。

野生動物たちは
我々人間よりも
嗅覚が鋭かったりもする。

となれば、
少量の残飯であっても
気がついてしまうのだ。

そんな残飯に寄ってくるのが
カラスやキツネなどの雑食の動物たちだ。

そういった動物たちは
時として
ライチョウをも襲う。

日本アルプスでは
登山道にもライチョウが出てくる。

登山道付近で食事をし
その場に残飯を残せば
ライチョウのテリトリーに
ライチョウにとっての外敵を招き入れる
原因になってしまうのである。

驚きのニュース

2015年に報じられたニュース。

北アルプスにおいて
ニホンザルがライチョウを捕食した
というものである。

大きく報じられたのは
ニホンザルは
標高の高いところに生息する動物ではないから
である。

この事件が起きたのは
標高2500m以上のところだ。

餌を求めて彷徨った結果
見つけたのだろう。

いや
そう信じたい。

人の気配を感じ、
人の食べ物に誘引されての結果でないということを。

今は昔より良いよ〜崇高な自然を後世に〜

どんな場所でも耳にする
「昔は良かった」というお話。
 
そんな過去の話も良いですが
どれも最後まで聞くと
話している方も
聞いている方も
なんだか寂しくなる結末に。
 
そんな結末を迎える会話(事態)は
もう辞めにしたいですよね。
 
僕はこう言いたいなと。
日本アルプスにおけるライチョウの生態に限らず
自然環境のあり方について
「今は昔より良いよ」と。
 
そう言えるようにするには

活動している人が
何かアクションを起こさなければなりません。
 
すぐに行動に移せなくても
意識する人が増えたら
状況は変わるかも。
 
情報通信技術の分野では
年を追うごとに
格段に進歩してきていて
「昔より今は便利になって良いよ」
という事象が多い。
 
自然環境も
そんな話ができる分野になれば良いなと・・・。
 
2019年は
北海道のちっちゃな大自然として
なにかActionを起こして行こうと思います。
  
 
 
 
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

makoto の Instagram
フォロワーさん
日に日に増加!
多くの方に注目いただいています!!
北海道の野生動物の
キレイ・可愛い・カッコいい・すごい瞬間を
お届けしています!
 
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
 
【応援よろしくお願いします】
「にほんブログ村」というランキングサイトに
登録しています。

お手数おかけしますが
下記のタブをクリックしていただけると
クリックが応援となり
さらなる順位アップが見えてきます♩

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜