ご無沙汰しております。
北海道のちっちゃな大自然運営者の小林誠です。
6月は極端に投稿がなくなっておりました。

まずどうして投稿できていなかったのか?

「フィールドワークに重点を置いていた」からです。

フィールドワークとは、実際に現場に赴いて、観察や調査などを行ったりすること。
フィールドワークしつつの情報発信というのもできたので、「サボっていた」と言われば、返す言葉はございません。

しかしこの1か月は、とても充実したものです。

フィールドワーク。それはわかった。
であれば、小林は何をしていたのか?

・自然環境の保全活動
・ヒグマの行動調査
などをしておりました。

双方ともにそれなりに答えが出た1か月になったのではないかと思っております。

まずは自然環境の保全活動について。
希少種とされる野生動物や植生などの環境悪化となる要因の排除や是正を関係各所と連携しながら行っていました。

ヒグマの行動調査について。
札幌市をはじめ、野幌森林公園など相次ぐヒグマの出没。人との生活に近い所の出没しうるヒグマの特徴や移動ルートなどについて、地域住民等への聞き取り調査や行政機関と協力し行っていました。

上記のことについては、個別具体的な事象について公開できないものも多くありますが、事案例などの形で、取り組みや見えてきたことなどをかいつまんで紹介していきたいと思います。

そんなことを7月の投稿の軸としつつ、北海道の自然遊びの魅力もお伝えできればと思っております。

Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です