山に入っていく道を走っていまきした。

もぞもぞ動く黒いもの。

ヒグマでした。

ヒグマって、注意深いし、警戒心強いし。
人の気配や車が近づくと、隠れるように逃げていくものです。

しかし、この個体はずっと下を見てうろちょろ。
別にこちらを見る気配もない。

注意深さや警戒心が和らぐとき。
それは「食事中」のようだ。
食事中でも、近くに別のクマがいるような場合は違う。
キョロキョロしながらのご飯で、そういうときは、長居することは少ないのです。

さてこの個体は、長居ことこの場にいました。
車内から観察しましたが、ずっと下ばかり見てて。
なかなか顔を見せてはくれませんでした。

だけど気をつけないといけないことが。
警戒心が薄くなるということは、食事に夢中だから。
つまり、食事に集中し過ぎて、人間(登山者や山菜採り)と思ってもいない出会いをすることもあるのです。

そんな時に出会ってしまうと、ヒグマはパニックに。
ゆったりのんびりご飯中だった状態から、一気に緊張状態です。
つまり、「その場から逃げたい!」「目の前にいるのは敵!やられる前にやらないとー!」ということで、人間との事故も起きやすい状況なのです。

なので、食事中のヒグマを万が一見かけたのなら近寄らず。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
「にほんブログ村」というランキングサイトに登録しています。
ぜひ記事をご覧になられましたらクリックでの応援をよろしくお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です