駆除で大きな話題を呼んだ札幌市南区のヒグマ問題。
500件を超える問い合わせがあり、その多くは北海道外から「可哀想」という感情を抱いた報告のお電話だそうです。
そんな内容では無く、もっと建設的で合理的なアイデアをお伝えいただければ、ヒグマに関わる者としても嬉しい限りです。

苦情や抗議の電話が相次ぐ中、次は札幌市西区小別沢で4年ぶりにヒグマの出没が確認されました。
今回ヒグマが現れた小別沢は、先日出没していた南区から山でつながるエリアです。

さて今回は、
・ヒグマの雄雌の違いって?
・ヒグマの行動範囲と縄張り
・ヒグマの行動と駆除の関連性。今回のヒグマは駆除されたヒグマと・・・
・野生動物は人間を利用しのびのび生きている。
・変な優しさ、慢心を捨てなければ、もっと生命が奪われる

です。

ヒグマの雄雌の違いって?

まずは体格の差を見ていきましょう。
「体長」
雄 約2m
雌 約1.5m
「体重」
雄 約150~約400kg
雌 約100~約200kg

年齢や栄養の摂取量等でもかなりの変動はあるでしょうが大きいことはわかります。
その中でも「体長1.5mで体重は150kg」みたいな個体が目撃情報として多く寄せられるのは多いと思いませんか?
それは、雄でも雌でも該当しうるサイズ感だからということもあります。
しかし、発見される個体の多くは雌グマとも言われます。その差は何なのでしょう?

「性格の差」
ヒグマは警戒心の強い生き物として知られますが、雄は更に警戒心が強く、雌は雄ほどに警戒心が強いとはされていません。
そんなこともあり、雄グマは山や森の深部を彷徨い、雌グマは山や森の縁を彷徨うことが多いのです。
なので、「ヒグマ発見!」のような目撃情報の多くは雌グマとされています。
野生グマの生息の過密具合が世界有数とさてる知床を訪れたときに研究機関の方や行政関係者からもこんなお話を聞いたことがありました。
「もちろん雄グマも確認しているけどよっぽどのことがない限り人前には出てこない。観光客が見たりするのは基本的に雌か野生界のルールを熟知していない若い雄」とのこと。
そんなことからも、性格の差というのもあることが何だか理解できる。
私自身雄のヒグマを観察したのはそう多くなく、以前森を歩く雄グマを見たときはかなりの深部でした。

次回は「ヒグマの行動範囲と縄張り」についてです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜
「にほんブログ村」というランキングサイトに登録しています。 ぜひ記事をご覧になられましたらクリックでの応援をよろしくお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ  にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜*〜

LINE版北海道のちっちゃな大自然をお友達登録してくれた方だけの専用コンテンツの運用開始!ぜひお友達登録してください♪

友だち追加

Tags
No Tag

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です