ヒグマは私たちを見ている。そのことに気が付いて行動出来るかが大切だ。

ヒグマは私たちを見ている。そのことに気が付いて行動出来るかが大切だ。

北海道の山にはヒグマが棲んでおり、長い年月、生命を繋いでいます。

そんな山にお邪魔するとヒグマが歩いていたりするんですよ。
「のそっ。のそっ。」そんな感じで山を歩き、遠くに私のような人間の姿を見つけると、「すたっ。すたっ。」というように少し早いテンポで山へ戻っていくのです。

もちろん同じような場所を歩いていることもあれば、この写真のように

少し高い位置から、私たちのことを見ているということもあるのです。
立ち止まってこちらを見ているとき。
その多くは、人間(生き物)の動きを観察しているそうなのです。
・ヒグマの進路方向を邪魔しないか
・餌場の方に向かっていかないか
・不用意に近づいてこないか
こんなところを見ているそうな。

もし、こう見下ろしているヒグマに気付かず近寄って行ったら?
「なんか怖いの来た」という警戒心から逃げ出すかもしれないし、「喧嘩売ってるのか!?やってやる!」と威嚇行動をとるかもしれません。

山に入る目的は人それぞれです。
登山?
山菜採り?
野生動物の観察?
何かしらの主目的があるはずです。
しかし、主目的だけに気を取られ、視野が狭くなってしまえば、さまざまな問題が起こり得ます。
視野を広く持ちましょう。

私は視野を広く持つことを心掛けていたお陰で、このヒグマの存在を尾根の上にいるところを見つけました。

〜*〜*〜*〜*〜*〜
「にほんブログ村」というランキングサイトに登録しています。
ぜひ記事をご覧になられましたらクリックでの応援をよろしくお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ  にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜*〜

LINE版北海道のちっちゃな大自然をお友達登録してくれた方だけの専用コンテンツの運用開始!ぜひお友達登録してください♪

友だち追加

投稿日: 2019年9月12日makoto_kobayashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です