獣道からの土饅頭発見!ヒグマをトドを運んだか!?

獣道からの土饅頭発見!ヒグマをトドを運んだか!?

北海道全域に生息しているヒグマ。
そのヒグマは、主に山野草を食べ飢えをしのぐ。
時には、生命を落としてしまったトドなどの海獣が海岸線沿いに漂着する。
そんな海獣の亡骸は、ヒグマにとっめまたとないご馳走だ。
ワンシーズンで一度出会えるか出会えないかというくらいの貴重な食料。
そんな食料を前にしたヒグマは、複数のヒグマで分け合うことよりも、見つけた1頭でその餌を独占しようとする。

とある海岸線沿いを歩いた。
右手は海。左手は小高い丘。
そんな丘に一本の獣道があった。
ここは以前、海獣のトドが打ち上がった場所。
ヒグマが丘までトドを引きずった痕跡だろう。
その獣道を進んだ。
トドを引きずった道乗りは地面が見えていた。
何度も歩いたのだろうか?
それとも相当の重さだったのだろうか?
そんなことを思いながら歩いた。
すると、少し広くなった場所に出た。
ここだ。
土饅頭が目の前に。
草木が何重にも被せられていた。
もうそこには肉はない。
しかし痕跡は確かにあった。
映像の最後。
画面中央に白いものが見える。
これは骨だ。
確かにヒグマはここで生命をいただき、生命を繋いだ。

生命を無駄にしない。

生命を繋ぐ美しさ。
生命を紡ぐ美しさ。

その痕跡にただただ感動した。

この写真をクリックすると映像を見ることができます

〜*〜*〜*〜*〜*〜
「にほんブログ村」というランキングサイトに登録しています。 ぜひ記事をご覧になられましたらクリックでの応援をよろしくお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ  にほんブログ村

〜*〜*〜*〜*〜

LINE版北海道のちっちゃな大自然をお友達登録してくれた方だけの専用コンテンツの運用開始!ぜひお友達登録してください♪

友だち追加

投稿日: 2019年9月14日makoto_kobayashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です